Afterschool

小学生のお預かり

学童保育スイミー(福岡市届出放課後児童健全育成事業施設)

はじめまして!西新の学童保育スイミーは「ひとりでできる、みんなでできる」をモットーに、保育の先生とごはんの先生が力をあわせて運営する小さな民間学童保育です。子どもたちが落ち着いて放課後を過ごせるよう西新駅近くのマンションの一階で、西新小学校・西南学院小学校・福岡教育大学附属福岡小学校をはじめさまざまな学校のお子さんをお迎えしています。

西新駅徒歩1分

地下鉄西新駅7番出口を北へ向かって西鉄モデルルーム隣りに位置しています。西南小学校、西南学院大、西新小学校に囲まれた静かな文教地区でアクセス良好です。

家庭的な環境

スイミーは居住用ビルの一階で運営しています。台所や学習室やお庭やトイレはもちろん、いざという時に頼りになるお風呂も備えていますのでご安心ください。

少人数会員制

学校も学年も性別も異なる小学生のお子さまを一日定員15名に限定して少人数会員制を徹底します。スタッフ一同ひとりひとりに真摯に目を配ることををお約束します。

ようこそあたらしいおともだち

令和2年度新規会員募集中[一日定員15名]

熱心な保育の先生がいます

有意義な放課後を演出します

小学校や家庭生活とは異なり、スイミーの子どもたちは学校も学年もばらばらの小集団に身を置くことになります。かれらを上手くまとめながら有意義な時間を提供できるか否かは保育の先生の腕の見せどころ。ゆたかな学びと遊びの時間を過ごすために先生たちは日々奮闘しています。日々の活動やお子さんの様子は連絡帳をベースにお迎え時にも報告し、必要に応じてメールも併用しています。ご不明の点やご相談があれば遠慮なくお知らせください。

優しいごはん先生もいます

食を通じて子どもたちに寄り添うスイミーの大黒柱

スイミーの自慢のひとつがごはんやおやつを担当する食育専門スタッフ「ごはん先生」の常駐。食べる力は生きる力そのもの、子どもの食事は空腹を満たすためだけのものではありません。「今日は元気いっぱいだね」「あれ、ちょっと疲れているかな」。日ごとに違う子どもたちの様子をみながらごはん先生がオープンキッチンで腕を腕を振るえば、毎日のおやつとごはんは子どもたちの心まで満たしてくれるのです。

ゲスト先生もお楽しみに

古今東西オールジャンルの外部講師陣

スイミースタッフでは手の届かない専門分野の学びや遊びは外部講師のみなさんのお力を拝借です。家庭だけでは触れる機会の少ない体験学習の場を設けるべく各種専門家を不定期的にお招きしています。科学・歴史・文学・芸術・福祉・自然・体育etc、その道のエキスパートが子どもたちの教養や社会性を育むために惜しげもなく一肌脱いでくださり感謝にたえません。

一年生のスイミー十訓

ひとりでできる、みんなでできる

このすてきな書は、西南学院高等学校書道教諭の山口蝸牛先生に書いていただいたスイミーの宝物です。いうまでもなく「ひとりでできる」は「自立」を、「みんなでできる」は「協調」を、それぞれ子どもたちにもわかりやすく表現したもので、私たちはこれを校訓ならぬスイミー訓と呼んでいます。そして侃々諤々の議論の末このスイミー訓にもとづき新一年生にむけて一学期から三学期までの生活指針「スイミー十訓」を定めました。

スイミー十訓が目指すところは、性別はもちろん学校も年齢も、ときには国籍すら異なる子どもたちがスイミーという社会でともに過ごしながら「ひとりでできる、みんなでできる。」人間に近づくことです。などと書くと大仰ではありますが、なにも特別なことではありません。例として一年生一学期のスイミー十訓をご覧ください。

一年生一学期のスイミー十訓

  1. 「ただいま」のあいさつをする
  2. げんかんでくつをそろえる
  3. にもつをかたづける
  4. てをあらいせいけつにする
  5. 「いただきます」をいう
  6. 「ごちそうさま」をいう
  7. しゅくだいをおわらせる
  8. じゅんばんをまつことができる
  9. ともだちのなまえをおぼえる
  10. ともだちとあそぶことができる

十訓ができていたら「やったね、ばんざい!」です。でもできなかったからといってがっかりすることはありません。十訓には独力で達成できるものと他者との交わりのなかで身につけていくものがあります。スタッフは、お子さんの個性や適性をみながらどうしたらできるようになるかを一生懸命に考えます。大人の導きに加えて、上級生の励ましや友だち同士での助け合いなど集団による支え合いもあるでしょう。

どれだけ家庭的であっても学童保育はわが家ではありませんし、子どもにとって一つの社会であることは厳然たる事実です。また一口に小学生といっても、一年生と六年生では精神的にも肉体的にもまったく別の人間ですから成長に即したサポートが必要となります。一年生の放課後には、お子さんの自主性をベースに生活と学習の基本習慣を身につけることが第一義。中高学年となるにつれ徐々に集団での育ち合いが軸になります。

異なる学校、異なる学年、ときには国籍も異なる子どもたちが集う場だからこそ、各人の自由と規律を両立し、ともに育ち合う集団社会として機能するには、成長の初期段階において明確な指針が必要です。新一年生のスイミー十訓は、そのために作成されました。学童保育という小さな社会で春夏秋冬をともに過ごしながら、すべてのお子さんが「ひとりでできる、みんなでできる。」を実現できるよう、私たちは日々の活動の中でじっくりと目を配って参ります。

ご利用方法

少人数制と会員制と予約制です

スイミーの利用をご検討の方は、まず電話かメールでご連絡ください。ご都合のよい日時にお子さんと一緒にスイミーにおいでいただき面談をいたしましょう。スイミーでの子どもたちの様子や指導員の保育風景を確認いただくため、学童保育中においでになることをおすすめします。スイミーの指針に納得いただき利用を希望される方は、できれば無料体験もお試しください。なんといってもお子さん自身がスイミーで過ごし、安心したうえでご利用いただくことが大切です。

入会金 15000円 入会時のみお支払いいただく料金です。
年会費 12000円 年度の途中に入会された場合は月割りとなります。
基本料金 3300円/日 平日14時から20時の間のご利用料金です。おやつ代も含んでいます。
徒歩送迎 550円/1回 最寄り駅、近隣校にスタッフがお迎えに参ります。
夕食代 550円/一食 アレルギー対応については別途ご相談ください。
延長料金 550円/30分 平日8時から14時の間のご利用に際して発生します。

スイミーでは下記の割引システムを用意しております。福利厚生倶楽部(リロクラブ)さん他の保育チケットも利用できます。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

兄弟姉妹割引 10%引き 対象となるのは下のお子さんの基本料金になります。
高学年割引 30%引き 5年生6年生のお子さんの基本料金を割引きします。
特別割引 50%引き 料金のお支払いについて困難な事情がある方は遠慮なくご相談ください。

よくある質問

Frequently Asked Questions

親御さんにとって大切なわが子を家庭外に預けるという選択肢には不安もあることと存じます。ましてやまだ幼い未就学児となればなおさらです。さしあたり想定問答の形でみなさんの疑問や質問にお答えしてみましたので参考にしてください。またここに記載のないパーソナルな疑問点につきましては遠慮なくお問い合わせください。スタッフ間で相談し誠実に対応いたします。

Q.入会の条件はありますか?

基本的にスイミーの運営方針を理解していただければ、年長児から小学6年生までのお子さんはどなたでもご利用いただけます。保護者の方の就労証明書は不要です。一方でスイミーの運営方針にそぐわない行動が繰り返される場合や、他のお子さんに危害を加えるような行為があった場合は、ご相談をしたうえで、残念ながらご利用をお断りする可能性もあることをご了承ください。

Q.どこの小学校でも利用できますか?

国公立・私立問わず、すべての学校、幼稚園・保育園のお子さまにご利用いただけます。ただし遠方からの利用を希望される場合は送迎の問題が絡んできますのでご相談ください。スイミーのスタッフは、公立小学校、福岡教育大学附属福岡小学校、西南学院小学校、福岡雙葉小学校、リンデンホールスクール小学部、福岡インターナショナルスクール、台湾インターナショナルスクール、イギリスの小学校のお子さんの保育経験を有しています。
地理的な理由から西新小学校と西南学院小学校の利用者が多めではありますが、スイミーはさまざまな学校の子どもたちが集う環境を目指しています。また状況に応じて、年長さん年中さんのご利用もいただいています。

Q.障がいのある子どもでも利用できますか?

一口に障がいといって区分することはできません。発達障がいなどのお子さんもご利用いただけますが、これにはスタッフと保護者の方の間に緊密なパートナーシップが不可欠であることをご理解ください。これまでも障がいのあるお子さんを保育してきた経験から、わたしたちなりのやり方というものはあります。遠慮なく一度ご相談ください。総合的に判断し、場合によってはより適切な施設をご紹介することも可能です。

Q.他の学童保育との併用はできますか?

福岡市の多くの公立校内に「留守家庭子ども会」がありますし、早良区近隣には、塾であったり英語指導であったりとそれぞれ目的を明確にする民間学童施設が多数存在します。お子さんの個性や関心、保護者のニーズにあわせて複数の環境を併用されるケースは多々ありますが、わたしたちも保育環境の併用については肯定的に考えています。

Q.休校日や短縮授業の日も利用できますか?

はい、大丈夫です。短縮授業の日や休校日(振替休日、春・夏・秋・冬休み、創立記念日など)だけでなく、インフルエンザや台風などで急に学校が休みのときは、たとえお子さん一人であっても朝からオープンしています。いろいろな学校のお子さまにご利用をいただいておりますので、不定期的に朝8時からお子さんを迎え入れることもしばしばです。長時間のお預かりでもスタッフをきちんと配置してケアしますのでご安心ください。

Q.子どもの体調が悪いときは利用できませんか?

軽い風邪程度でしたらお預かりは可能ですが、学校で出席停止の対象となる伝染病など、明らかに他の子どもに影響を与えることが明白な場合はご遠慮願います。保育中に体調が悪くなった場合は、保護者の方に連絡のうえ安静を保ち、必要に応じてご指定の医療機関、または近隣の医療機関へお連れします。感染性の高い疾病や緊急を要する症状でなければ、安静にしてお迎えまでお預かりすることは可能です。

Q.防犯上の対策はしていますか?

スイミーのセキュリティ対策として株式会社にしけいと契約、また一般社団法人児童健全育成推進財団の共済制度に加入しています。子どもたちへの指導としては、定期的に近隣の派出所等を訪問して安全学習をするほか、児童福祉法に基づく放課後児童健全育成事業として福岡市に届け出をしております。お子さんをお預かりする施設として、行政の指導のもと安全面の確保について細心の注意を払っています。

スイミー代表より

最後に名前の由来をひとつ

スイミーとはオランダの絵本作家レオ・レオニさんが描いた『SWIMMY』の主人公である小さな黒い魚の名前です。この絵本は小学校の国語の教科書にも採用され広く知られていますが、仲間を失ったスイミーの自己回復のドラマであり、新しい世界に知見を広める幼子の成長物語であり、小さな赤い魚と協力して大きな魚に立ち向かう冒険譚でもあります。

一般的にこの物語の骨子は小さな力も集約すれば大きな困難すら克服できるとする解釈が主流ですが、わたしはマグロよりも速く泳ぐことができたスイミーが自分の最大の武器を封印し、他の弱い魚たちに歩調を合わせ遊泳する展開に心揺さぶられます。挫折を経て新しい生き方を選択したスイミーがみんなのリーダーに迎えられるクライマックスはロードムービーにも似た美しさです。

さまざまな解釈が可能なこの含蓄深い名作、わたしたちが目指す保育所はかくあるべしという願いをこめて、このすてきな名前を付けさせていただきました。みんなで「ぼくが目になろう」を実現できますように。

株式会社スイミー 代表取締役 / 東原洋子

1990年熊本大学文学部卒。学生時代はYMCAのボランティア活動に参加し小学生とともに阿蘇や九重でのキャンプに明けくれる。中学校教諭免許・高校教諭免許取得。卒業後は一般企業で主に取材編集広報業務を担当。多くの現場人との出会いから「人が人に関わる仕事をしたい」との思いを深め、保育士資格を取得し2011年学童保育の道に入る。保育実務と管理業務に従事しつつ放課後児童支援員資格と学童保育指導員資格を取得。2016年学童保育スイミー開業、2019年福岡市認可外保育施設届出、2020年法人化し認可外保育施設スイミーナーサリーを開設。

事業 福岡市届出放課後児童健全育成事業
屋号 学童保育スイミー
事業開始年月日 2016年3月
事業主体 株式会社スイミー
施設長 東原洋子
所在地 福岡市早良区西新 2-10-19 サン・フカミ1F
電話番号 092-834-9310
最大定員 一日定員15名
対象 小学生
開所日 月曜から土曜
開所時間 午後14時から午後20時(土曜日は午前8時から午後14時)
休園日 日祝、お盆、年末年始