本を寄贈していただくということ

「古い本なんですが、スイミーで使っていただけますか? 小さいとき読んだものなんです…」
遠慮がちにNちゃんママがお持ちくださった本。カバーがはずれテープで補修された姿から、何度も読み返されたことが伝わってきます。本好き揃いのスイミーたち、入室してすぐにニューフェイスの本を見つけて手に取っていました。
小学生が過ごす場なので、新しい本は常に必要です。でも、大事に読まれた古い本を通じて子どもたちが感じるものが必ずあると思います。愛された本を寄贈していただき、読むことのできる子どもたちは幸せです。

数日後に活動の打ち合わせに来られたM先生が本棚の「ひみつシリーズ」に目をとめられていました。「懐かしい! このシリーズ何度も読みました! おもしろいんですよね〜!」