夏の風

私は、子どもの頃に風鈴を家の軒下に下げて微かな音を聞き、風が少し出てきたね〜 とか気持ちがいいなぁ〜 など夜の蚊帳の中で涼しさを感じた事を覚えています。

スイミーの子どもたちは、ガラスにキラキラした夏の風物を描くだけで心が踊り、庭につり下げて暑い日差しの中でもチロリンと鳴る音に感激したようです。

厚紙で作った風車は、部屋の中を小走りで回したり、扇風機の風で回したりして楽しみました。

風鈴も風車も、作り方を上級生が下級生に教えてくれました。ひとりひとりの成長が見られる夏休みの始まりです。