西新の防犯&防災学習

スイミーの防犯をお願いしている「にしけい」さん! 大事なみんなの命、安心・安全をいつも守ってくださっています。昨年に続き、警備隊長の村上さん、教育責任者の新さん、講義をプランしてくださった股野さんが、子どもたちと一緒に近隣の避難場所を確認するために来てくださいました。
スイミーへの侵入者を村上隊長が取りおさえる、という寸劇の後、にしけいさんから「怖いなぁと思ったらすぐに逃げる。大人に知らせる」と教わりました。学校で避難訓練を行なっているため、子どもたちは「おはしも」という標語もすぐに答えられましたね。

西新交番のお巡りさんも、「怖いときは逃げて、大人に助けを求めること」と教えてくれました。西新公民館でも、「困ったことがあったらいつでも立ち寄っていいですよ」と教わりました。地域のみなさんに守られているスイミーの子どもたちです。

いざという時に備えて、避難所に指定されている修猷館高校も訪問しました。佐々木先生のご案内でいちばん高い5階に上り、美術部やコーラス部の活動まで見せていただきました。9月9日の修猷大運動会を控え、大看板をつくったりダンスの練習をしたり、校内は高校生の熱気にあふれていました。テニス部や野球部のみなさんも汗を流して練習していました。お父さんお母さんが修猷館高校の卒業生だったり、将来は修猷館高校に進学したいと思っている子もおり、あこがれの高校生活にみんな興味津々でした。

子どもたちには、自分の命は自分で守ることができる人になってもらいたい と思います。西新のみなさんに守られている幸せに感謝しつつ、自分で自分の命を守るという意識を忘れないように生活したいと思います。