ひとりでできる みんなでできる

子どもたちが将来大人になったとき
社会の一員として自立して生きていくことができるように。

そして、年齢も学校も性別も、
ときには国籍も異なる子どもたちが
みんな一緒にスイミーで心の底から楽しく過ごせるように。

そんな思いを込めて「スイミー訓」を定めています。

新年を迎えたのを機に
山口蝸牛先生が書いてくださった「スイミー訓」を玄関に飾り、
子どもたちもスタッフも、それぞれの自分のめあてを書きました。

2018年もみんなでたくさん遊んで学んで、楽しく過ごしましょう。