ひとりでも、みんなでも

今日の活動は2種類のお絵描き。
初めはひとりでつくるストーンペイントです。みんなや先生が川や海で拾った石をベースに自由にペインティングします。「好きな石を選んでね!」の声かけでみんなサクサクと好みの石を選びました。じっくり悩むのかなと思っていたのですが、あっさりでした。選んだ石を前に、筆を持ち好きな色を選ぶなかで、「こうしよう、あーしよう」とアイデアがまとまったようで、みんな絵の具の乾きを待てないほどあっという間のペインティングでした!締めくくりは、ちょっとドキドキしながらみんなの作品の鑑賞会です。新幹線、なーんとなく十字架、ふりかけご飯、円盤、マグロの赤身、ピアノなどなど何を描いたかみんなであてっこの鑑賞会です。こそっと先生に耳打ちしてくれた子もいましたね。ああ、おもしろかった!

手のひらサイズの作品をつくった後も、みんなの描きたいパワーは余っています。大きな紙をひろげて、みんなで「スイミー」の海を描くことにしました。

大きな白紙の回りに子どもたちが集まりました! 最初に新五年生と六年生のお姉さんが海底を描いてくれました。それから、みんな思い思いに海の中を表現していきます。海の色は青、水色、ピンク、とさまざま。そしてスイミーのお話に出てくる赤い魚や海藻も。筆だけではなくカットした段ボールやペットボトルの丸い底、スポンジ等も使いました。あちこちから「これは泡みたい!」「魚ができた!」「これは昆布!」と楽しい声が聞こえてきます。新一年生から新六年生まで全員が協力して、白い紙は瞬く間に素敵な海の世界になりました。和室の壁が、大きな「スイミー」の海になりましたね。みんなに拍手!