真剣勝負を楽しもう

いつにも増してたくさんのお友だちが集まったそうめん流しの日。スイミーだけでは手狭かもね、ということで、午後はももち自治会館をお借りしてレクレーションをしました。風船あそびで体をほぐしたら、スイミーの校長先生こと久田先生の出番です。久田先生お手製の大きな人権かるたを囲み、いざ勝負!真剣勝負をするなかで、思うようにカードがとれず泣いてしまった下級生、先生のジャッジに納得できなかった上級生もいましたね。遊びやゲームでは、楽しいだけではなく、悔しかったり悲しかったりすることもあります。年長さんから六年生までみんなで楽しく遊ぶにはどうしたらいい? ルールやハンディも必要だね。みんなと一緒に先生たちも知恵をしぼって考えました。嬉しいこと楽しいこと、悲しいこと悔しいこと。時間のある夏休みだからこそ、ぶつかりあったり乗り越えたりの経験もしてほしいなあと思っています。