足から始める健康づくり

今日は「足」の先生をももち体育館にお迎えして、足の重要性を楽しく遊びながら学びます。足マットの上を全力疾走! おはじきを足で運ぶなどゲームはすべて足を使うものばかりです。

「おっとっと!」
これは棒を足の指で移動させるゲーム。「遊びながら足をたくさん使ってね!」と森靜子先生。足揉みの効果を紙芝居でわかりやすく。楽しいお話で子どもたちをぐいぐい引きこんでいく小嶋章義先生です。

平田先生と手島先生も加えて4人の先生方が全員の足を揉んでくださいました! 「痛〜い!」「ちょっと待って!」。わいわいと大騒ぎするなか、「ちょっと足がむくんでいるね」「冷たいものをたくさん飲んで胃腸が疲れているみたい」「最近、眠れてる?」「サッカーの後はここをよく揉むんだよ」……個別のアドバイスもいただきました。

暑さのせいもあって、この夏はとりわけ子どもたちの健康状態が気になります。みんながよく食べよく眠り、しっかり体を動かして、心身ともにすこやかに夏を満喫できますように。今日習ったことはお家でも実践してくださいね!