スイミー防災週間「パーテーションづくり」

スイミー防災週間3日目のテーマは「段ボールのパーテーションづくり」です。段ボールの切れ目を利用して三角形の土台を作り、広げた段ボールを立てて目隠しにします。見本を見たみんなからは、「ピンポンのネットにしよう」「おままごとに使いたい」などの声が出ましたが、災害時の話をすると避難所の様子を想像できたようで、納得してくれました。低学年には難しいかなとの心配もありましたが、子どもたちは段ボールをハサミで切り、ぜんぶ自分たちでパーテーションを作ることができました。私もはさみで切れ目を入れて作ってみましたが、切れ目が細いと段ボールが入らず、太いとぐらぐらして不安定になり、ちょうどよい切れ目をつくるのは難しいことがわかりました。

入手できる材料をうまく使って子どもの手でも簡単につくれる「段ボールのパーテーション」。いろいろな経験をすることで、いざというときの備えになればと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA