マンカラを作ってあそぼう

スイミーには、囲碁・将棋、オセロ、トランプ、カルタ、虹色のヘビ、ワードバスケット、スコットランドヤード、ドラゴンゲーム、野球盤……などのボードゲームがあります。そして、毎日誰かが遊んでいるボードゲームとして「マンカラ」があります。子どもどうしで遊び方を教えあうとすぐにできるようになる、ツルッとしたガラスの綺麗な石や木の台座のポケットの手触りがよい、年齢に関係なく対戦ができる などが人気の理由なのかもしれません。
そんな人気の「マンカラ」をご家族やお友だちと楽しんでもらえたらと思い、手作りしてみました。
材料は、板、プラスチックのカップを2種類、アイロンビーズです。板にプラスチックカップを強力な両面テープで貼り付けて本体のできあがり。
ガラスの石の代わりに、アイロンビーズの花を50個用意します。好きな色で単色の花にしたり、中心と花びらの色の組み合わせに凝ってみたり、それぞれの個性が現れました。せっせと作って、48個と予備の2個が完成。
「早くお家で、やりたいなぁ」「病院の待合室に置いたら、お花を小さな子がお口に入れるかも…」「壊れたらどうしよう」「親戚のお家に持っていく」など子どもながらの思いが出ていました。
この様に手作りすると愛着がわくし、それをご家族で休日に遊んで対戦してみるときっと楽しいと思います。遊び方は「説明書」がありますから大丈夫です。ただし子どもはなかなか強いですから…大人も本気になること間違いなしです。
以前にも手作りしたマンカラを、酒井先生がさらに丈夫にかっこよくバージョンアップしてくれました。もし痛んでも修理しながら長ーく遊んでほしいと思います。