ふわふわ毛糸の猫ちゃん

今日はふわふわの毛糸でかわいらしいねこちゃんを作りました。子どもたちに毛糸について学んでもらおうと思い、毛糸の成り立ちを説明した本を見ながらお話しました。毛糸はやぎ、ひつじ、アルパカ、アンゴラうさぎなどの毛からできています。

1)毛刈り
2)洗う
3)色染め
4)毛の繊維を揃える(ガーディング)
5)針を刺して固めていく(フェルト)
6)糸車で紡いでいく
たくさんの過程を経て、あたたかな毛糸ができるのです。

材料は、天然素材の毛糸に発色のいいアクリル毛糸をとりまぜて、それぞれが好きな糸を選びました。いちばん人気はふわふわの毛糸でした(^^) 結ぶ時やしっぽを作る時などは苦戦していましたが、手伝ってもらったり互いに手伝ったりして作りました。フェルトの耳やひげ、リボンや鈴などを付けてそれぞれ可愛い猫ができました(^^)

完成すると1人ずつねこの名前や性格、好きな食べ物など自由に発表しあいました。言葉で表現してみんなの前で発表するということは緊張もするけれど、子どもたちは思った事を発表することができていました。

昼食の後も「もう1つ作ってもいい?」と毛糸を巻いてつくるふわふわの猫ちゃんを気に入った様子の子どもたちでした! 中には2つ3つと作って、「家族の分全部つくるんだ〜!」と張り切っていた子もいましたね。家でも作ってみたくてお迎えのママやパパに毛糸をおねだりする姿も見られました♪ 作り方はマスターしたと思います。ぜひ自宅でもつくってくださいね(o^^o) (Si)