元号クイズ

新年度が始まると同時に、5月1日から施行される新元号の発表がありました。そこでスイミーでも早速、元号について学んでみました。

「新しい元号は…」と話し始めると「令和〜‼️」、「英語表記は…」と言うと「R〜‼️」と大きな声が上がりました。ご家庭でもニュースを見たり、感想を話し合ったりされたことがわかります。典拠が万葉集の梅の花の歌32首の序文であることも紹介しましたが、ゆかりのある太宰府の神社には、早くも多くの人々が訪れているようですね。

ここで、元号クイズに突入〜‼︎
1)日本では漢字◎文字の年号・元号が最も多い。
2)日本で最初の年号は◎◎である。
3)2019年5月1日から使われる「令和」は、◎番目の年号・元号である。

1)の「二」文字と2)の「大化」はすぐに答えが出ましたが、3)の「248」番目は難しかったですね。(明治以降は「一世一元」の為「元号」と呼び
それ以前は「年号」と呼ぶようです。)

歴史的な出来事や現象に年号や元号をつけて、キャッチフレーズとして使うことも紹介しました。
「大化改新」「応仁の乱」「安政の大獄」「享保の大飢饉」「明治維新」「大正デモクラシー」「平成の大合併」などです。「昭和」のついた言葉もたくさんありそうでなかなか浮かびませんでしたが、何か思いつきませんか⁇

そして最後に「あなたにとって平成の大事件は?」と聞きましたら「熊本地震」という意見が出ました。同じ九州という身近で起きた出来事が強く心に残っているんですね。ちなみに私にとっての大事件は、NYの同時多発テロです。

元号が変わる瞬間に立ち会えることは滅多にないことです。これまでの247の年号、元号を見直してみることで、歴史への興味が湧くかも知れませんね。(Ma)