能古の島で改元をお祝いしませんか

平成から令和へ。5月1日の改元を祝って、古代に防人が守りについたとされる能古島で、新たな時代の平和を願う狼煙(のろし)が上げられます。かねてよりスイミーの子どもたちもご指導いただいている書道家・山口蝸牛先生が令和の文字を揮毫され、正午から約1時間にわたって杉の葉や枝をたくそうです。
スイミーでのお出かけはしませんが、初夏の能古の島で改元をお祝いするチャンスです。ぜひお出かけください。
★西日本新聞の記事はこちらです。