子ども山笠後日談

月曜日、子ども山笠に参加したN君とD君が話していました。
「来年も山笠出る?」「うん!お前も出るやろ?」「うん、一緒に出よう!」
3年生の二人は今年初めて山の後ろから縄伝いに山を押す役目になりました。前かがみの姿勢で長時間、前の人の腰を押し続けるのです。「もっと腰を低くして」「力入れて」と男衆の方に声をかけられながら・・・。来年はもうやりたくないって言うかな?と思っていましたが、杞憂でした。すっかり山笠の魅力のとりこになりましたね!お世話になった新天町の流れのみなさんに感謝しています。

「子ども山笠」の数日後のこと。
「 山笠 きつかったし、手が痛かったけれど、楽しかったぁ!Sも出たらよかったとに!」
「 ふーん。」
N君から誘われたS君は「来年は 出てみようかなぁ」と思ったみたいです。友達と一緒に頑張ったり、励ましあったりする姿を見ると私も元気になります。
来年もまた、オイサ オイサ と頑張りましょう!
新天町の皆様 ありがとうございました。いただいた手ぬぐいは、子どもたちの宝物です。