青竹涼し、流しそうめん

今日は、真夏の活動! 夏にしかできない? 夏だからこその活動! それは「流しそうめん」の日。

すっかりお馴染みの岡部先生による竹のそうめん流し機です。「先生、これ何の竹ですか?」「孟宗竹だよ」
流しそうめんを楽しみに朝の学習を終えたところで、水の流れを試してみました。
「ちゃんと 流れてきたぁ」「初めてなの~」「楽しい~」
もちろん、水だけではなくそうめんも一緒です。お味見は格別においしいね!
すみこ先生の後ろには、みんなが書いた「そうめんパーティー」のポスターもあります。そうめんランチパーティーの始まりは、マックス君の「Ape in a Cape」「Hop on Pop 」の読み聞かせでした。それから、すみこ先生のかぼちゃ、さつまいも、いんげんの天ぷらにからあげと本番の流しそうめん! をたくさんたくさん頂きました。デザートは すいか! そうめんにすいか! 最後まで食欲は衰え知らずのスイミーたちでした。幸せですね。
「流しそうめん」の発祥は九州は宮崎県高千穂だそうです。野良仕事の合間に竹と清流で涼を得るために始まったとか。目にも涼しい青竹のそうめん流し機はこの夏も活躍間違いなしです。皆さん!岡部先生に感謝ですね。ありがとうございます。