また会う日まで

夏休みを利用して母方の家のある福岡にきていたアメリカのハイスクール生・マックスくん。縁あってスイミーでボランティアをしてくれました。17歳という若いお兄さんの登場にみんな大喜び! 学習や活動のサポートだけでなく、英語の本を読んだりギターを弾いたり、空手遊びやスケート、ボウリングなどにも参加して、子どもたちとたくさんの時間を共有してくれました。

竹の岡部先生と一緒に流しそうめん機の組み立ても。

オイスカさんの川遊びも一緒に出かけました!

ギターも弾けるし、スケートやボウリングもスマートにこなすマックスくん。子どもたちが気軽に話せて楽しく遊べるやさしいお兄さんであり、あこがれの存在でもあったようです。アメリカの大学に進むか日本の大学に留学するか、オープンキャンパスなどにも参加しつつ将来を思案する姿に刺激を受けた子も多数いました。

「マックス、また来てね」
「ぜったい来てね」
「ぜったい、ぜったい、ぜったい、来てね!」
最終日となった19日、子どもたちは何度も何度も声をかけてマックスくんを見送りました。マックスくん、スイミーにきてくれて本当にありがとうございました。またきっとお会いしましょう! Thank you for everything.You were the best senior to the children.We had a wonderful time with you. Farewell for now, until we see each other again.