ひな祭りにはちらし寿司

今日はひな祭り。窓にはきれいな花の切り紙がたくさん揺れています。ひな祭りの絵本を読んで由来を学んだら、みんなでハレの料理のちらし寿司をつくります。なおみ先生が準備してくれた色とりどりの食材がテーブルに。おいしそう、きれい。弾んだ声が聞こえて来ます。

人参は型抜きでハートや花の形に、さやえんどうのすじも上手に取れました。これはなおみ先生に渡して味付けをしてもらいましょう。薄焼き卵は包丁で端から丁寧に切っていきます。最後にみんなで岡部さん家の伊予かんの皮をむきました。

気がつけば、キッチンからはいい匂いがしてきます。さあ、いよいよ盛り付けです! 焼きほぐした鮭入りの酢飯の上に、錦糸卵に人参、きぬさや、カニかまに伊予かんを置いて…子どもたちがそれぞれのアイデアできれいに盛り付けていきます。カニかまが好き〜私は卵等たくさんの楽しい会話が飛び交います。最後に桃色の桜でんぶをかけて出来上がり。自分たちで切ったり盛り付けしたちらし寿司は最高においしかったですね。