春らんまん「ピアノ連弾コンサート」

今日は福岡の桜が満開となったそうです。そんな日にあやか先生とかえで先生が「ピアノ連弾コンサート」を開いてくださいました。
朝からみんなで、昨日作った楽器で練習をしたり、お礼の言葉やプレゼント渡しの係を決めたり、みんなワクワクしていました。
「さくらファンタジー」の連弾が始まると…うっとり聴き入り春をいっぱい感じ、お楽しみコーナーの「犬のビンゴ」では、歌で盛り上がり、とっても楽しかったね。「四季より 春」の作曲者のヴィバルディさんは激しい性格の男性だった⁈ と教えてもらい、 「この髪 、男?」と笑ったりしました。でも、出だしのかわいい小鳥の鳴き声を表すピアノの音を聞いてまた、ビックリ。色々変化するピアノの音色にそれぞれの「春」を受け止めていたようです。最後は、あやか先生との思い出の曲「ビリーブ」を合唱。とてもとても素敵でした!

コンサートが終わると、今度はみんなから「幸せなら手をたたこう」の合奏と、福岡を離れられるあやか先生への寄せ書き、スイミーの本をお礼の言葉と一緒にプレゼントしました。
あやか先生! スイミーのみんなに音楽の楽しみを伝えてくださってありがとうございました。Mちゃんは「エリーゼのために」を連弾できたことが嬉しくてたまらなかったようです。Tちゃんは念願の指揮振りが出来て感激していました。帰福の折りにはまた遊びに来てくださいね!
そして今日初めてきてくださったかえで先生! 西新に来られた時はいつでもお立ち寄りください。みんなでお待ちしています!

スイミーが一気に春満開となった一日。あやか先生、かえで先生ありがとうございました。

この春に新天地での生活をスタートされるあやか先生、よき出発となりますようお祈りいたします。たくさんの愛情をかけていただいただけに、スイミーの子どもたちも私たちも寂しくはありますが、次にお会いする日を楽しみにお待ちします! また、Colorple (カラプル)さんとしてイギリスの絵本「ガンピーさんのふなあそび」に曲をつけて演奏してくださったことは忘れられない思い出です。こちらもいつかきっと再演をお願いいたします。