光と香りのオーナメント

今日はアロマコーディネーターのさくら先生に教わって、春をモチーフにしたオーナメントを作ります。先生がお部屋に入って来られると、ふわりとよい香りが。「先生、いい匂い~」と思わず駆け寄る子供たち。心地よい香りに包まれてオーナメント作りがはじまりました。まず香りの包みを入れる中心部分を紙で作ります。春を感じさせる桜の花や鳥、車やハートの形など、みんな自由な発想でデザインしました。次に金属のモチーフやガラスビーズで飾りつけます。きれいな玉やおもしろい形の飾りがたくさんで、「どれにしようかなあ」と真剣に迷います。次にレモンライムと桜餅の香りから好きな方を選び、さくら先生に香りの包みをつけてもらいます。最後に紙を貼り合わせたら出来上がり!

窓辺に飾ったらこんなにきれい。みんなが作ったオーナメントが、春の陽射しを浴びてキラキラ光っていました。