平和っていいなぁ

今日は昨年に続いて、ももち体育館で民族舞踊の体験デイです。九州大学、福岡女子大学、筑紫女学園大学のお兄さんお姉さんが次々とダンスを披露してくださり、「マカレナ(スペイン)」「娘さん踊りましょう(スイス)」の2曲は子どもたちも一緒に踊りました。

「娘さん踊りましょう」では各国の衣装をまとったお兄さんお姉さんと手を繋いでステップ! ペアの相手が次々と変わるダンスなので、「あれ? いなくなった!」「踊る人どこ?」とキョロキョロする一幕も。こんなハプニングも楽しくて、みんな笑顔で踊っていました。「中国の月琴:ユエチェン」という踊りは手の動きが美しく、子どもたちはじっと見つめていましたね。

最後の質問コーナーでは次々に手があがりました。衣装のこと、日頃の練習や発表会のこと、お兄さんお姉さんについての質問もありましたね。昨年も参加したMさんは、「月琴:ユエチェンの踊りは何を表していますか?」と質問しました。チャイナドレスを来たお姉さん達はゆらゆらと腕を動かして、「おそらく中国の楽器を弾く動きだと思います」と教えてくれました。

今日8月6日は、広島平和記念日です。午前中は、原子爆弾が投下された8時15分は過ぎましたが、たくさんの犠牲者の方を思い、平和への祈りを込めてみんなで手を合わせました。国と国のけんかは戦争、友だちとのけんかも小さな戦争ならば、みんなが友だちと仲良くすることは平和への一歩です。その平和の象徴の鶴を折りました。羽ばたく鳥も折りました。みんなが仲良くしている姿、手を取りダンスを楽しむ姿に平和っていいなぁ と思いました。