猛暑に負けずに

2018年のサマースクールは、暑さに配慮して活動内容を少々調整しました。そのひとつが「お昼寝タイム」の導入です。
最初は「えぇ〜、遊べんやん、ひどーい!!」「ぼく寝なくていいから! 大丈夫だから」と大ブーイングでしたが、「眠らなくていいからちょっと寝転がってみて。本を読むから聞きたい人は聞いててね」と半ば強引に電気を消してみました。読めば面白いけれどなかなか手に取ってもらえない「ファーブル昆虫記」や「シートン動物記」、日本の昔ばなしなど、少し長めのお話をあえてセレクト。い草のござの上でむずむず動いて遊んでいる子もいますが、見渡せば、思いのほか静かに耳をすましてくれている様子です。読み進めるうちに眠りに落ちて、気持ち良さそうに寝息をたてている子もいました。
お盆明けも猛暑が続くそうです。上手に休息をとりながら、夏を元気に楽しみましょう!