クリスマスリース

11月12月と続くスイミーのテーマは「紙」。そこで、今年のリースは折り紙で作ることにしました。
ちょっと難しい折り方のパーツを組み合わせて作るクリスマスリースですが、折り紙大好きなRちゃんは、何度も「いつするの?折り紙まだ?」と聞いて楽しみにしてくれている様子。Tちゃんはウェルカムボードも書いてくれました。
クリスマスリースには、輪になっているその形のようにみんなの幸せがつながりますように・・・と意味が込められています。リースの意味や、クリスマスの飾りに込められた願いをクイズを解きながら考えていきました。赤は太陽の明かり、緑は農作物の豊作、柊の尖った葉やベルは魔除け、などみんなで想像を膨らませていくといろいろな願いが浮かんできました。

折り紙の色の組み合わせは各自で考えました。自分のイメージを思い浮かべて真剣に色選びです。

最初は、先生と一緒に一ずつ折っていきましたが、自分でわかる子たちは黙々と折り進んでいます。いくつも繰り返すうちに、折り方もどんどん綺麗になっていきました。今日唯一の1年生のKくんは、何度か諦めそうになりながらも、折り目をつけたりトンガリを作ったり、わかる部分を最後まで頑張りました!

パーツができたら、リースになるように組んで糊付け、最後にデコレーションをして完成です。
柊やサンタクロースの飾りをつけたり、鈴を下げたり、リボンを結んだり、ビーズを組み合わせたり…、思い思いの願いのこもった素敵なリースになりました。

最後に「we wish you a merry Christmas」をみんなで歌って今日の活動はおしまいです。英語で歌っていると、日本語も知ってるよー!とSちゃん。みんなに日本語の歌詞も教えてくれました。

リースの輪のようにみんなの幸せや願いがずっと続くといいですね!
Merry Christmas ♩
(Ti)