ぎょうざとケーキと先輩と

今日は餃子クッキングデイ! 子どもたちの熱烈なリクエストを受けて、れい子先生とみゆき先生が2種類の餃子を用意してくれました。

先生の指導をうけてみんな上手に包めました。さあ焼きますよ〜!

「先生、私のココだから間違えんでね」。自分の餃子は自分で食べたい子どもたちのために、れいこ先生もみゆき先生も必死でエリアを分けてくれました。味については聞くまでもないですね。みんな「最高!」「おいしい!」の連呼でした。

おやつは、れい子先生が自宅で焼いてこられたカップケーキ。これまたプレーンとチョコチップ入りの2種類なんて、ちょっとぜいたく過ぎかも…?

午後には高校生のお姉さんが遊びに来てくれました。先輩の登場にわいた子どもたちから「英検何級ですか?」「小学生の時、何の遊びをしましたか?」「なぜ恥ずかしがりなんですか?」「彼氏はいますか?」etc…遠慮のない質問にも始終笑顔で答えてくれたYさん、リクエストに応えて可憐なピルエット(バレエの回転)まで見せてくれてどうもありがとう。上の画像は自宅へ帰るYさんを名残惜しそうに見送るスイミー女子たち。やさしい先輩とのおしゃべりにたくさん刺激を受けたようです。

ごはん先生のあふれんばかりの愛情を受けて、先輩にもあたたかく見守られて、子どもたち本当に幸せです。みんなも将来は先輩としてスイミーに来てね。