蝸牛先生の「のびのび書道」

今年も蝸牛先生のご指導のもと、西南中高の書道室で書道を教わる機会をいただきました。出発前にスイミーで、蝸牛先生の作品集を見たり、先生が書いてくださったスイミー訓『ひとりでできる みんなでできる』を見ながらみんなで唱和しました。

この書を書いてくださった先生に今日は教わりますよ!と説明すると、「知ってる~。去年も習った」「えっそうなん?有名な先生??」等々・・・期待が膨らみます。

墨のいい匂いに包まれながら、用意していただいた墨汁と太い筆を使って自分の好きな日本語や英語を書きます。先生がひとりひとりお手本を書いてくださいました。

「まん中を大きくしっかり書くのが大事。人の顔を見るときもまず目を見るだろう?耳を最初に見る人はいないよね」「(去年より)姿勢が良くなった!しっかりした字がかけるようになってる」と声をかけてもらった子ども達。新聞紙で練習をして25×80㎝の和紙で清書した後に、先生が用意してくださった大きな正方形の和紙にも書きました。最後に、特大の和紙に、見たこともないほど大きな筆で子ども達のリクエストに答えて先生が書いてくださった文字は「海」と「飛」。迫力いっぱいのパフォーマンスに感激し拍手が湧きました。今年は書道部の生徒さんもお手伝いいただきありがとうございました。蝸牛先生には大変お忙しい時期にも関わらず、スイミーの絵本のお話をしていただいたり、このような素晴らしい書道体験の機会をいただき感謝しております。ありがとうございました。