和菓子「水無月」をつくりました

ふだんは調理からはじめていましたが、今日のクッキングは工程がかんたんなので、材料の計量からはじめました。

幼稚園児から高学年までまじっていましたが、ボウルをもったりスケールの数字をみたり、「あと何グラム」と教えてあげたり、みんなでなかよく協力して作業ができました。

トッピングにはあずきとうぐいす豆の甘納豆を使いました。家庭では煮豆をつかってもいですね。トッピングしながら、豆も豆についた砂糖もしっかりなめて、味見をしました。すぐ食べたい、といっていましたが、冷やして食べる和菓子なのでがまんしてもらいました。

昼ごはんの前に、もみじの葉っぱをガラス皿にひいて、16等分した水無月を盛り付け、あじさい色のゼリーを添えました。冷たいほうじ緑茶と一緒にデザートとしていただきました。とても食べやすいようで、みんな完食しました。

 本来はわらび粉を使うところを、子どもたちが失敗なくつくれるように、そしてご家庭でもすぐ作れるように、小麦粉と砂糖、水の3つを材料にレンジでつくるレシピにしました。 福岡の代表的な和菓子を、小麦粉などのシンプルな材料でこんなにかんたんに作れるとは私も驚きでした。以前につくったべっこう飴も砂糖と水だけでつくれますし、お菓子の世界って奥深いなあと思いました。庭にある材料でつくれるレシピなので、ぜひつくってほしいなあと思います。

これを機会に、それぞれのお店が工夫された水無月に出会ったら、ぜひ食べてほしいと思います。 (KI)

 

 

どなたもウェルカム! さつまいもの苗を植えませんか

□□□ 唐津の畑でさつまいもの苗の植え付けをしましょう □□□

唐津の農家のみなさんが先生です。秋には収穫をしましょう。
「平原ふるさと館」では、とれたて野菜やくだものの販売もありますよ。

[ タイムテーブル ]
8:30   スイミー出発
9:30   唐津「平原ふるさと館」到着→トイレ休憩後に畑へ
10:00 〜 11:30 農家の先生と「さつまいも学習&さつまいもの苗の植え付け」
11:00 〜 13:00頃 唐津ランチ(地元郷土料理のだぶ、漬物、おにぎり2種など)
14:00 〜 14:30 スイミー到着

[ 料 金 ]
★スイミー引率のお子さん(保護者さんの参加なしの通常預かりです) 〔先着8名〕
一人5400円 (土曜イベント利用料・保険料) + 1500円 (車両・昼食・唐津のお土産付) ※税込

★保護者さま引率で直に唐津においでいただくこともできます。どなたも参加いただけますのでふるってご参加ください。
大人 一人800円、小学生 一人500円、未就学児 一人300円(植え付け体験&昼食・ミニお土産付) ※税込
当日9:30までに「平原ふるさと館」へお越しください。無料駐車場あり。ランチ後は各自でお帰りいただきます。

[ その他 ]
水筒、帽子、長ぐつ、汚れてもよい格好、タオル、着替え一式をご持参ください。

会場:平原ふるさと館(ひらばるふるさとかん)
唐津市浜玉町平原乙63-5 電話0955-56-8860 ※当日は事前にお知らせするスイミー携帯にご連絡ください。

お花を生けよう


Ta先生がみごとなバラの花束を持ってきてくださいました。「週末の演奏会でお花をいただいたので、子どもさんに」とのご好意です。ありがたく頂戴して、子どもたちに任せてみると…。
花瓶も花もそれぞれ選んで十人十色の作品が生まれました! 名前のわからない花は図鑑で調べましたね。「アスターかな?」

好きなお花は?

今日はセラミックフラワーをつかったクラフトをしました。
花図鑑の写真とセラミックフラワーを見合わせたところ、「あ、マーガレットだ!」「これはバラかな?」「カーネーションもある!」とたくさんの花の名前があがりました。わからない花は、「図鑑見せて!」と自分で調べる姿も見られました。
好きなセラミックフラワーを選び、マニキュアで色をぬり、上からラメなどで飾ります。お兄さんと参加した年中のKちゃんも、自分の好きな花を選んで作業ができていました。色とりどりの花ができたら、鏡やペン立てなどにグルーガンで接着させていきます。「真ん中につける!」「右と左にバランスよく」など一つ一つの花の場所を決めて先生たちに手伝ってもらって接着していきました。カラフルな花にあれば単色の花もあります。花の配置にもこだわりを持ち、個性のある作品が出来あがりました♪ お迎えの時にお父さんお母さんに完成した作品を見てもらい、とても嬉しそうな子どもたちでした。(
Si)

春から夏へ


今日の夕ごはんは、肉じゃが、しらすとトマトのサラダ、キャベツと油揚げのみそ汁。肉じゃがにはグリンピースや春にんじん、みそ汁にはやわらかい春キャベツがたっぷり入っています。そして……連日汗をかきかき下校してくる子どもたちは、すでに夏の格好です。

お茶を楽しもう


五月晴れの土曜日。嬉野出身のN先生とお茶をテーマに活動しました。
日本茶は海外でも人気ですね。煎茶、ほうじ茶、玄米茶、抹茶などいろいろな種類がありますが、まずはポピュラーな煎茶から。「ポットのお湯を湯冷ましに移して温度を下げますよ」。温度計で計ってから急須に注いで静かに待ちます。

おいしいお茶で一服しましょう。東京土産のごまたまご、小城ようかん、能古の島のドライオレンジといっしょにいただきました。

ほうじ茶は、ほうろくで煎ってつくります。台湾からこられたJママにいただいたウーロン茶も飲んでみましょう。

お昼ごはんの献立は、さつまいも入り茶がゆ、鮭のごまみりん焼、ほうれん草の煮浸し、こんぶのつくだ煮、わかめのお吸い物。飲んでも食べてもおいしいお茶の世界を、ゆっくりと楽しみました。(Hi)


緑茶を少し煎るだけで、香り高いほうじ茶ができましたね。子どもたちがおいしいおいしいと飲んでくれて嬉しかったです。食事とのときにまた飲みましょうね。(Na)

そらまめとデコポン

今日のおやつは「焼きそら豆」と「デコポンのパンケーキ」。そら豆を持って「どうやって食べると?」と尋ねる子もいましたが、ごはん先生に教わって筋を左右に開いてパクリ。何粒入ってるかは開けてみてのお楽しみです。
「おいしい!」と喜んで食べていたRさん。お迎えのママから「お豆は苦手なのに食べたのね」と聞いて…先生たちびっくり。春の味をおいしく食べられてよかったね。

Are you ready?

英語と日本語が入り混じってのかくれんぼ。
「Are you ready?」「No!」
「Are you ready?」「No!」
「Are you ready?」「Yes!」
じょうずに隠れてなかなか見つけてもらえないときは、「もういいよ〜」と声をあげてアピールします。
英語も日本語も、遊びながら親しんでくれたらなによりです。