どなたもお越しください

スイミーが運営できているのは、保護者のみなさま、子どもたちを親身に指導してくださるゲストの先生方、そして地域のみなさまの支えのおかげです。みなさまに感謝の気持ちを少しでも伝えられたらと思い、12月最初の土曜日にイベントを行うことにしました。ふだんは会員のお子さんをお迎えしているスイミーですが、当日はどなたもおいでいただけますので、ご家族やご友人と気軽にお立寄りください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

◆◇◆ さわらの秋「スイミー クラフト体験&バザーday」◆◇◆

と き:2018年12月1日(土)15:00〜17:00
ところ:西新の学童保育スイミー(早良区西新2-10-19-1F)

★クラフト
さわらの木の実でつくるクリスマス飾り(100円)

★バザー出品
・さわらの新鮮野菜や新米(オイスカ西日本研修センター)
・唐津のみかん(岡部農園)
・パンいろいろ(ベーカリー&カフェ ビエント)
・さつまいものフライドポテトなど(スイミーのごはん先生)
その他クッキーやジャムなど甘いものもあるかも…? 乞うご期待!

★イベント
「とりかえっこ」
ご不要になった本・おもちゃ・CD・DVDなどを当日お持ちください。持参された数だけ(ただしお一人3こまで)スイミーにある本やおもちゃと交換できます。最後に残った本などはスイミーで大切に使わせていただきます。

◎スイミー保護者のみなさまへ
当日14時までは通常の土曜活動「干し野菜づくり」を行います。スイミーのお子さんはそのまま17時までご利用いただけます。もちろんクラフト&バザーのみの参加も大歓迎です!

ソナチネ

ソナチネアルバムのCDをかけていたら、「今の曲もう一回かけて」とリクエストしてくれたKちゃん。聞けば、百道浜小学校の子ども音楽会で弾いた曲なのだそう。よく練習して、しっかり思い出に残る曲になったようです。いつかスイミーでも聞かせてくれるかな。

おいしく食べてオイスカさんを応援!

「川遊び」「動物とのふれあい」「野菜収穫体験」などスイミーだけではむずかしい体験を子どもたちにさせてくださるオイスカさん! 丹精込めて育てた採れたての野菜やお米を届けてくださるオイスカさん! 感謝の気持ちを込めて、今年もスイミーでいただく昼食と夕食の一食あたり10円を「オイスカさん募金」にすることにしました。11月12月と2ヵ月間のチャレンジです。ごはん先生のおいしいごはんをみんなで楽しく食べましょう!

Trick or Treat!

今日は10月最後の土曜日。スイミーでもHalloween Party! を楽しみました。「何するの?」「あとで着替えてもいい?」入室するとみんなワクワク顔で、すでにハロウィンの仮装をしている子や、家からドレス入りの大きなバックを抱えて来た子…朝から興奮気味です。まずは、「Trick or Treat?」(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうよ!)にちなんで、カボチャのお菓子入れを作りました。工作好きな女子もたくさんいたので、大まかな流れを説明してからは自分たちで作ることにチャレンジです。難しかったのは、オレンジの紙を定規で測りながら縦長に切るところのようでした。先生方にも手伝ってもらいながら、思い思いのカボチャが出来上がりました!

次は、グループに分かれてのマントの飾り付けです。なんと今日は男子は1年生のKくんのみ。ちょっと寂しげなKくん…グループ分けでも一人になりそうでしたが、そこはしっかり者のお姉さんMさんがすぐに気がついて「私のグループにおいで!」と呼んでくれました。Kくんも安心していました♪

大きなビニール袋に紐やテープをつけたりと大掛かりな作業でしたが、各グループ協力して進めていました。飾りにはシールや切り抜き、いろいろな材料を好きに使います。バラバラに貼る子もいれば、家を貼って夜空に見立ててから飾っていく子…大人には思いつかないようなアイデアがとびだします。工作をするたびに思うことですが、子どもたちの発想の豊かさに感心させられます。マントが出来たところで…今日のランチは、きく子先生のHalloweenスペシャルランチです!! 目玉のウズラの卵、指のウインナー、お化けのチップス…などなど。あまりの完成度に「すごーい」「これ写真とっててね! ママに見せる!!」とみんな大興奮です。リアルすぎて、目玉は食べられないという子までいたくらいです。きく子先生大成功です!ランチの後は、出来上がったマントを使ってファッションショーです。各グループ、アダムズファミリー♪のテーマに乗って登場です。ドレス持参のTちゃんは控え室で衣装替えです。Tちゃんのドレスに魅了された女子たちは、着替えのお手伝いもしてくれていました。

タラララン♪ タラララン♪ ちょっと照れながらもみんなの前を歩き、最後はポーズ。見ている方もリズムに合わせて手拍子で盛り上げました。もう一度やりたいというRちゃんのリクエストに応えて、最後はみんなで円になって歩きました。帰りには、みんな作ったカボチャにお菓子が入っているのを見つけて、嬉しそうに持ち帰っていました。家に帰っても「Trick or Treat!」言ってみたかな?

「完食できるかも」

入室するなりおやつと夕食の内容を確認するお子さんがいます。腹ぺこで尋ねてくる子もいますが、偏食が強くて自分が食べられるかどうか気にしている子もいます。

子ども時代の偏食やアレルギーは、お子さんの生活に影響します。自身を振り返ってみても、港町で育ったのに青魚が食べられない、卵も食べられない……。そんな小学生だった私は給食で苦労しました。だから、スイミーでは「同じ食卓で同じものを食べられない悲しさ」を子どもたちに極力与えなくてすむようにと思ってキッチンに立っています。

子どもたちと一緒に過ごし食事をともにすると、いろいろな発見があります。同じ偏食でもその原因はさまざま。形や食感が苦手で食べられないときは、すりおろし作戦が使えます。親子丼の玉ねぎをすりおろして入れて卵丼として抵抗を感じさせないようにしたり、なんとか食べてもらえるように考えます。じゃがいもをすりおろしてとろみづけをすれば、お通じ対策にもなりますしね。

あれこれ工夫するなかで、苦手を克服していく姿を見れたときは最高です! 豆腐が苦手だったMちゃんがすまし汁をペロリと食べる姿、苦手な人参をすりおろしたチキンライスをおいしそうに食べるIちゃんの姿に幸せをもらっています。

今日の夕食は、みんなが好物のうどんに野菜やえびの天ぷら、卵焼きを添えて、お好みうどんにしてみました。
「今日、完食できるかも」
お盆を前に言った言葉どおり、みごとに完食したUちゃん。おめでとう! がんばりました!